晴天のおひさま新潟ツアー

NHK新潟放送局

快晴の週末土曜日、おひさまでは新潟市へのおひさま見学ツアーへ出かけました。

恒例の朝の会から始まりました。
ホワイトボード前にみんなが集まり、ボードに名前を書きながら、呼ばれると元気な返事が返ります。
プロジェクターによるスライドを使った一日の予定とおひさまルールの説明を聞いて、いざ出発。

新潟空港の展望台では飛行機の発着陸や、港に入港する佐渡フェリー、遠くに見える地元村上の景色を、みんなで指差しや視線をあちこちに動かしながら楽しみました。

空港のレストランでは、週末で混雑するお昼時の一角30席以上を貸し切りにしていただきました。
写真は荷物や取り皿等を置くスペースとして活用させていただいた座席の様子です。
こういった温かい心遣いには感謝の気持ちでいっぱいになります。
子どもがお店を出る際に「ごちそうさまでした」ではなく「ありがとうございました」の言葉をお店の方に伝えられていたのが印象的です。

また、本日のお買い物トレーニングは、高校生グループのみが自分のお財布を持ち、支払いを自分たちで行いました。

新潟空港に続いては、NHK新潟放送局の見学です。

オリジナルのニュース記事をアナウンサーになりきって、みんなの前で読み上げたり、その子供に大きなビデオカメラを向けてカメラマンになりきったり。
モーションセンサーを利用した、自分の動きによって画面のキャラクターを操る体験も。

今日の一日も、楽しみの中からたくさんのまなびを体感し、子どもたちが本来持っている伸びる力をアウトプットできる時間となりました。

関連記事一覧

PAGE TOP