おひさまのスタッフ体制に関するこだわり紹介

おひさまでは、地元村上市や近隣の市、県外からのスタッフも在籍しており、おひさま村上という一つの事業所に開所時から7~8人のスタッフが在籍しています。

目の前に関わる子供たちは本当に純粋でいつも真っすぐ。そこにいるスタッフの表情や背中を常に見ています。言葉や動作で何かを伝えるよりも、その表情や背中から感じることが何よりものコミュニケーションになり得ます。

だから、子どもたちの元気いっぱいの笑顔や眼差しに気付けるように、子どもたちの元気いっぱいの笑顔や眼差しに気付いたら、自分ができる精いっぱいのリアクションをもって表現できるように、スタッフを大事にする組織体系、スタッフ間のチームワーク作りを大切にしています。
笑顔以外の子どもたちからのサインを受け取ることと、その対応も同様です。

もしも、そこで日々の小さなサインに気づけなかったり、そのリアクションを取れないなと感じたら、子どもたちに向かう(貢献)前に自分自身に働きかけ(自助)をおこえるような組織作りに努めています。

月~土曜日(祝日を除く)にサービス運用を行いながら、今年度のスタッフ年間休日日数は123日を実績とし、来年度は124日になります。
毎月のシフト表はスタッフからの出勤希望日により決まります。これに有給休暇の取得があります。

ほかのスタッフ福利厚生は省略しますが、少しでもこのこだわりと想いが伝わりますと幸いです。

関連記事一覧

  1. おひさま開所式
  2. おひさま5月の活動
PAGE TOP